交通事故の被害でお悩みの方へ

higaisyahe

交通事故はいつ誰の身に起こっても不思議ではありません。誰もが交通事故の被害者になる可能性を持っています。

事故に遭ってしまうと、まず被害者は、「何で自分がこんな目に遭わなければいけないのか…。」と怒り悲しむと同時に、「これから一体何をすればよいのか?」「自分はこれからどうなるのか?」と不安な気持ちでいっぱいになります。

そして、事故後の対応では、「保険会社から治療費の打ち切りを告げられたけれど、これ以上治療はできないのか?」「保険会社からの賠償金の提示額は適正なのか?」、「保険会社から自分にも過失があるから、裁判をしたらかえって不利になると言われたけれど、本当なのか?」「自分は被害者なのに、何でこんなつらい思いをしなければいけないのか?」など、新たな疑問や悩みが次々に発生します。

ただでさえ肉体的、精神的につらい思いをしている被害者にとって、このような悩みを抱えるのは大変なことです。そして、被害者にとって最も大変と思われるのが、保険会社との交渉です。

まだ知らない方も多いと思いますが、保険会社は多くの場合、賠償金をできるだけ低く抑えようとして示談交渉を進めてくるのです。

なぜなら、保険会社は被害者救済を目的とした慈善団体ではなく、あくまで営利目的の企業だからです。残念ながら保険会社は、被害者への賠償金の支払いをなるべく少なくして、より多くの利益を上げなければならない宿命にあるのです。

そのため、被害者が本来もらうべき適正な賠償額をもらえないということが、よく起こってしまうのです。賠償額の算定には専門知識が必要ですが、交通事故の被害者の方の多くはそのような専門知識を持ち合わせていません。

被害者の中には、保険会社は交通事故の専門家だから悪いようにはしないはず、と信じて、保険会社の言うことをそのまま信じる方が多くおられます。
一方、保険会社の担当者の中には、「普通はこんなに出ませんよ。」とか「納得できないなら裁判して下さい。でも費用がたくさんかかりますよ。」などと言って、示談を迫る人もいます。
その結果、保険会社の言うままに適正でない金額で示談してしまうケースが多いのです。
また,被害者が自分の判断で治療を中断するなどした結果、賠償金の額が下がってしまうこともあります。

この点、弁護士に相談すれば、保険会社の提示額が本当に適正かどうかが分かり、不利な示談をしなくてすむことになります。

そして、多くのケースでは、弁護士が被害者に代わって保険会社と交渉し、あるいは裁判をすることで、提示額より多い、適正な賠償金を受けられるようになります。

ここで注意しなければならないのは、いったん示談をしてしまうと、原則として、今後はその示談書で定められた金額以上の請求はできないということです。そのため、たとえ本当ならもっと高額の賠償金を得られる場合であっても、いったん示談してしまうと、それ以上の請求はあきらめなければなりません。

ですから、交通事故の被害に遭った場合は、1人で悩まず、少しでも早く、交通事故に詳しい弁護士に相談をすることが最善の策です。このことが後々大きな差となって現れるのです。

交通事故に遭ってしまい、損害賠償金や示談のことで、不安や疑問を抱えている方がいらっしゃいましたら、お気軽に当事務所にご相談下さい。

まず一歩踏み出しましょう。当事務所があなたの勇気ある一歩を親身にサポートいたします。

2回まで相談料無料 交通事故に関するご相談は2回まで相談料が無料です。 ご相談お問い合わせ 086-239-5518 予約受付時間 平日9:00~18:00 弁護士法人備前法律事務所 JR岡山駅 徒歩12分
  • アクセス
  • ご相談の流れ

受傷部位 傷病名別の解決事例

  • 頭部(高次脳機能障害など)
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首(頸椎捻挫など)
  • 肩(腱板損傷など)
  • 脊髄・脊柱(圧迫骨折など)
  • 腕・肘・手
  • 腰(腰椎捻挫など)
  • 骨盤~股関節
  • 太もも~足先
  • 死亡事故
  • 労災事故
PAGE TOP