相談時にご用意ください

相談に来られる際に必ず用意していただきたいのは次のものです。

①事故のときの状況を書いた図面

簡単なもので構いません。また、正確な距離なども分からなくて構いません。

事故の「大まかな」状況が分かることが大切なのです。

②事故からその後の経過を書いた記録メモ
簡単なもので構いません。日記やブログのように文章として書く必要はなく、メモ書き程度で十分です。
事故直後にノートを買って、事故に関する出来事(保険会社との交渉内容や治療内容など)を日付と一緒に書いていくと、それだけで立派な記録メモができます。ぜひお試しください。
メモ帳やレポート用紙に書いてもよいのですが、ノートに書くと紙がばらばらになってしまうことがないのでおすすめです。
③保険会社から送られてきた資料全部
保険会社から示談の案が出ている場合は、その案を必ずお持ち下さい。

もし、用意ができれば次のものもお持ちください。

①交通事故証明書
事故の日時・場所や相手の名前・住所などが分かります。
警察署または交番にある用紙を使って取り寄せができます。
用紙に必要事項を書いて、郵便局で手数料を支払うと、1週間ほどで交通事故証明書が送られてきます。
証明書の手数料は、1通につき540円(平成28年11月現在)です。
その他、郵便局の振込手数料(100円くらい)が必要です。
また、相手方の保険会社や、被害者側の保険会社が持っていることも多く、頼めば写しを送ってもらえる場合もあります。

②被害者本人、同居の親族が加入している自動車保険の保険証券

  または事故のとき乗っていた車の自動車保険の保険証券

弁護士特約が使えるかどうかが分かります。
③診断書
症病名が分かります。
特に後遺障害診断書の原本またはコピーがある場合は必ずお持ち下さい。

その他,「これは持って行った方がいいのかな。」と思ったものはひとまず全部持って来てください。


2回まで相談料無料 交通事故に関するご相談は2回まで相談料が無料です。 ご相談お問い合わせ 086-239-5518 予約受付時間 平日9:00~18:00 弁護士法人備前法律事務所 JR岡山駅 徒歩12分
  • アクセス
  • ご相談の流れ

受傷部位 傷病名別の解決事例

  • 頭部(高次脳機能障害など)
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首(頸椎捻挫など)
  • 肩(腱板損傷など)
  • 脊髄・脊柱(圧迫骨折など)
  • 腕・肘・手
  • 腰(腰椎捻挫など)
  • 骨盤~股関節
  • 太もも~足先
  • 死亡事故
  • 労災事故
PAGE TOP