弁護士特約における反訴請求への対応

弁護士特約においてよく問題になるのが、「加害者側から反訴請求がされた場合、どうするか。」という点です。

この点、多くの弁護士の場合は、反訴請求がされた際には別途弁護士費用が必要です。
しかし、この弁護士費用については、弁護士特約は使えません。なぜなら、弁護士特約は、被害者が加害者に損害賠償を「請求する」場合に使える特約であり、損害賠償を「請求された」場合には使えないからです。

そうなると、反訴請求についての弁護士費用は、被害者の対人・対物賠償保険から出すしかありません。その結果、被害者の保険の等級が下がってしまいます。

このような実情があるため、「弁護士特約は被害者の過失が0で、しかも過失割合について争いがない場合にしか使えない」とお考えの保険代理店様も多いと聞いております。

当事務所ではそのような問題を解決するため、人身事故については反訴請求がされても、原則として追加の弁護士費用は請求しないという方針をとっております。
そのため、反訴請求がされても弁護士特約のみで対応可能であり、被害者側の保険の等級が下がることはありません。安心して当事務所をご利用下さい。

 

 


2回まで相談料無料 交通事故に関するご相談は2回まで相談料が無料です。 ご相談お問い合わせ 086-239-5518 予約受付時間 平日9:00~18:00 弁護士法人備前法律事務所 JR岡山駅 徒歩12分
  • アクセス
  • ご相談の流れ

受傷部位 傷病名別の解決事例

  • 頭部(高次脳機能障害など)
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首(頸椎捻挫など)
  • 肩(腱板損傷など)
  • 脊髄・脊柱(圧迫骨折など)
  • 腕・肘・手
  • 腰(腰椎捻挫など)
  • 骨盤~股関節
  • 太もも~足先
  • 死亡事故
  • 労災事故
PAGE TOP