新着情報・解決事例

ワクチン接種がお済みの方もご協力お願いいたします

岡山県内での新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は減少し、県民へのワクチン接種も進んでいます。しかし、皆様と事務所スタッフの健康を守るため、ワクチン接種がお済みの方も、当事務所に来られる際はマスクを着用の上、入口にて手のアルコールを消毒されますようご協力お願いいたします。 マスクをお忘れの方には使い捨てマスクを用意しておりますので、お申し付けください。
続きを読む >>

縁ある人たちの心を穏やかに

約2年ぶりのブログです。 この2年で世界は大きく変わりました。 コロナ禍をきっかけに、今まで当たり前にできたことができなくなり、 一方で気づかなかった社会の問題点が浮かび上がってきました。 世の中が不安と怒りに包まれているように感じます。 私たちの事務所の理念は、縁あって当事務所に来られた人たちの心を 穏やかにすることです。 勝ち負けという結果だけでなく、依頼者、相談者の方が心穏やか
続きを読む >>

コロナウイルス感染症への対応

当事務所のコロナウイルス感染症への現在の対応は次のとおりです。 ①業務時間中の来所での相談は行っております。交通事故事件については夜間相談と土曜相談も行っております。 ②来所される際には、マスク(布マスク可)の着用と事務所入り口での手のアルコール消毒をお願いいたします。マスクがない方には、当事務所にて使い捨てマスクを少しですが用意しております。 ③来所での相談が心配な方のために、交通事
続きを読む >>

テレビ電話(Zoom)による相談を始めました

令和2年6月からZoomを利用したテレビ電話による相談を期間限定で試行しておりましたが、今後も継続して行うことになりました。 「相談したいけれども、出かけるのは心配。」という方はもちろん、来所が難しい方はぜひご利用ください。 相談をご希望の方は、面談での相談と同じく、予約が必要です。予約時に、「Zoom相談希望」とお伝えください。 なお、Zoom相談は、①パソコンからインターネット接続
続きを読む >>

土曜相談を再開いたします(6月20日より)

当事務所では、令和2年4月から土曜相談を休止しておりましたが、最近は岡山県内での新型コロナウイルス感染者の増加がみられないことから、6月20日以降、土曜相談を再開いたします。 ただし、クラスターの発生など、感染者数の増加がみられる場合は、直ちに再度中止とさせていただきますのでご了承ください。
続きを読む >>

山陽新聞レディア9月26日号に掲載されました

髙田弁護士の書いたコラムが山陽新聞レディア9月26日号に掲載されました。 内容は雇用契約書についてです。 ポイントは、会社は従業員との間で、お互いが署名捺印した契約書を作る義務まではないけれども、 少なくとも、従業員に書面で重要な労働条件を知らせる義務はあるということです。 ぜひご一読ください。 なお、佐藤は10月27日の山陽新聞無料法律相談会に参加いたします。 既に予約ですべての
続きを読む >>

あおり運転をなくしたい

最近、高速道路で危険なあおり運転をした男らの動画が公開されたこともあり、あおり運転への対策がが注目されています。あおり運転自体を法律で禁止することや、あおり運転をした者の厳罰化や免許はく奪をすべきとの意見が増えています。 確かに、そのような規制も一つの方法でしょう。 しかし、規制するだけでは、あおり運転を完全になくすことはできないと思います。禁止されているからやめよう、罰を受けるからやめようと
続きを読む >>

日本交通法学会定期総会に出席しました

佐藤です。 6月29日土曜日に東京の弁護士会館で開かれた日本交通法学会定期総会に出席しました。この総会は主に東京で年度替わり直後の5月に開かれるため、なかなか予定が合わずに出席しにくいのですが、今年は6月末の開催で日程調整がしやすく、幸いに出席することができました。 会場では、岡山の若手のA弁護士に会いました。A弁護士は、実は交通事故に詳しいようなのですが、あまりそのような宣伝はしておられませ
続きを読む >>

山陽新聞レディア5月23日号に掲載されました

佐藤です。 本日の山陽新聞レディアに、私の担当したQ&Aが掲載されました。 よく、「自賠の基準」と言われるように、自賠責保険は、支払われる保険金額の基準が低いです。 そのため、使えない保険、ダメな保険であるかのように思われている方も少なくないようです。 しかし、自賠責保険は、本当に困ったときに、心強い味方になってくれることがあります。 相手方が任意保険に入ってない場合はもちろんですが、相
続きを読む >>

こうなる!事件番号

今年最初のブログで「どうなる?事件番号」というお話をしましたが、このたび、あっさり解決してしまいました。 知り合いの弁護士に、「事件番号どうなるのかな?」と聞いたところ、「事件番号の『平成』の部分が『令和』に変わるだけで、番号の部分は通し番号になるんでしょ?そうしないと年間の事件数が分からなくなるから。」とあっさり言われてしまいました。それを聞いて「そうか!」と雷に打たれたような衝撃を受けまし
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
2回まで相談料無料 交通事故に関するご相談は2回まで相談料が無料です。 ご相談お問い合わせ 086-239-5518 予約受付時間 平日9:00~18:00 弁護士法人備前法律事務所 JR岡山駅 徒歩12分
  • アクセス
  • ご相談の流れ

受傷部位 傷病名別の解決事例

  • 頭部(高次脳機能障害など)
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首(頸椎捻挫など)
  • 肩(腱板損傷など)
  • 脊髄・脊柱(圧迫骨折など)
  • 腕・肘・手
  • 腰(腰椎捻挫など)
  • 骨盤~股関節
  • 太もも~足先
  • 死亡事故
  • 労災事故
PAGE TOP